もしも...100人の女性がいたら

久しぶりの執筆

140文字では全然足りないと思いこちらに

 

いろいろ前提書きます

100人女性がいます。

恋愛経験者(男性経験がなくてもよい)

LBGTQ・身体不自由者もいてもよい。

 

1人の男性が100人の女性に好かれる(最終のゴールをとりあえずセックスとする)

果たして可能なのか!!!

 

答えは...........

 

..............

 

..................................

 

YES

 

でどのようにしてYESに向かっていくか

 

と ここで釘をさしておく

 

100人のうち10人に好かれるポテンシャルを持っているとする

もっとモテたい。15人いや30人だ

向上心。上を見るのはとても大事

この自身への過大評価を思い込み始めるのは慢心を呼び危険

10人どころか逆にモテる人数が減る

 

心にバグが起き感覚がマヒして傲慢な思考へ向かう

 

バグを起こさず100人に好かれるには...

 

 

最近、擬態という言葉が界隈をにぎやかしている

 

◯◯擬態いろいろあるから割愛

それぞれの女性たちが頭に浮かんだ想い人への擬態

 

これがおおよそ最終形態だろう。

 

脱線入りまーす。

半分嘘

まず、100人にアプローチするには時間が足りない

時間を作るにはどうする!!!

いきなり話題は漫画へ

ナルトって漫画知っていますか?

主人公 ナルト  ライバル サスケ

キャラクターの奥義忍術

ナルト 多重影分身

サスケ 模倣

 

エッセンスは掴めましたか?

 

自分の思考を持つ人を100人作る(Noteや質問回答などのアウトプット)

これができたならば(壮大な計画)

メッセージを代行して仕上げることができる

つまり、ネットワークにより‘今回は1人の男性だけども‘100人全て彼を好きになってもらえるように仕向ける。

 

恋愛経験しているのならば惚れる材料は必ずある

 

惚れる核に愛の弓(といいたいが理論と使って)挿す

 

あと女性擬態はレズビアンも手中に収められる可能性大